【健康】増加するアトピー性皮膚炎 ストレスと食べ物との関係性

スポンサーリンク

ストレスとの関係性は?

日本では、アトピー性皮膚炎で悩む人が増えています。

多くの日本人が悩んでいるアトピー性皮膚炎ですが、原因は未だにわかっていないのです。

アトピー素因があると言われますが、素因があってもアレルギーが出ない人もいます。

ここ数年で、大人のアトピー患者が増えています。

症状が改善された人も多いのですが、大人になっても症状が改善されない人や、突然再発する人もいます。

社会人になると、仕事によるストレスも増えます。

ストレスを感じると症状が悪化する人が多いのです。

不安を感じたり、イライラしたり、ストレスを感じていると、自律神経が乱れてホルモンバランスが不安定になります。

ホルモンバランスが不安定になると、アレルギー反応も出やすくなるのです。

日本人は、我慢強い人が多く、自覚症状はないものの、実は長い間ストレスが溜まっていたという人は少なくありません。

楽天1位●某コスメ口コミサイト1位 緑の森ニューコンセプトゲル・ソリューション モイスト(保湿ゲル)普通~乾燥肌/80g【オールインワンジェル オールインワン ゲル アトピー 敏感肌 低刺激 乾燥肌 ドクターズコスメ ニキビ 化粧水 ビタミンC誘導体 セラミド】

価格:4,104円
(2019/7/12 11:55時点)
感想(1468件)

食べ物との関係性

栄養学的には、体をアレルギー体質にしていく食品は、植物油と牛・卵・肉群と考えられています。

逆に、アレルギー体質を防ぐのは野菜類と魚です。

食べ物にはアレルギー反応を促進する食べ物と、アレルギー反応を抑える食べ物があります。

オメガ3系脂肪酸は、DHA といったもので、よく動脈硬化予防のために摂取が勧められているものです。

αリノレン酸はえごま油、シソ油、亜麻仁油などがあります。

特にイワシ、さば、サンマ、ぶりなどに含まれています。

これにはアレルギー反応を抑える効果が期待できます。

こちらはオメガ3系に対して、アレルギー反応を促進してしまうのでアトピーを悪化させてしまう可能性があります。

不便に感じるかもしれませんが、消化しやすい和食に切り替えるだけでアトピーの痒みや湿疹から解放されるのであれば、試してみる価値はあるでしょう。

ただし、消化に優しいからといって食べ過ぎはNG です。

保湿が大事

アトピーには保湿が大切です。 その理由は、アトピーの人は肌がもともと弱く、乾燥もしやすく、皮膚バリアも薄いです。

湿疹用の塗り薬を塗る前に、まずは肌の状態を保湿剤を使って整える必要があります。

まずは、化粧水タイプのものです。これは、オールシーズン使用可能です。

夏はあまりベタベタするものを使うと、汗をかいてさらにかゆくなってしまいます。 何もつけないと皮膚バリア機能が低下して、悪化します。

あせもなのかアトピーなのかわからないほどひどくなってしまうこともあります。

冬は化粧水タイプのものをとりあえずお風呂上りに塗っておくことができます。

化粧水タイプがあればオールシーズンそれだけで十分な場合もあります。

スプレーするものは塗りやすく、早く全身を保湿できるのでおススメです。

クリームタイプには、さまざまな成分がありますので、乾燥の度合いに合わせて購入するといいです。

含まれているものは、ガサガサしているところに塗るために販売されています。

皮膚科の先生は患者さんの肌を直接触って、乾燥の度合いや皮膚の状態を確かめてくれます。

症状に合わせて保湿剤を処方してくれます。

ステロイドとは

アトピーは治すためにステロイドを使うことがあります。

そもそもアトピーの人は肌のバリア機能が低下しており、通常は表皮の下にある知覚神経が表面に出ているのでハウスダストなどの影響を敏感に受け取り痒くなります。

ステロイドとは副腎で分泌されるホルモンの一つで、これを人の手で合成した外用薬を塗ると炎症が素早く収まります。

注射や内服薬によるステロイド治療もありますが、全身に影響を与えずにピンポイントで患部に作用する外用薬を使うのが一般的です。

しかし皮膚から体内に吸収できる量はあまり多くないので、必要以上に心配したり処方された外用薬を塗らなかったりするのは間違いです。

毛細血管が拡張することで赤みが出たり、皮膚が薄くなったりすることがあります。

医師は肌に悪影響が出ないように、外用薬を塗る期間や薬の強さを調整しているので指示に従っていれば問題ありません。

これはアトピーで掻きむしってできた色素沈着なので副作用ではありません。

アトピー治療では根本的に体質を変えることよりも、既に起こってしまった症状を緩和させる対処療法を基本としています。

症状に悩まされることもありませんが、アトピーのメカニズムはまだ完全ではありません。

ステロイドは50年以上アトピー患者に処方されている実績があるので、正しく使えば効果的で安全な薬であると分かっています。

ステロイドを塗っただけでアトピーを完治させることはできませんが、辛い症状から早く解放されれば保湿してバリア機能を高めるなど日常生活での工夫に時間をかけることもできます。

副作用を怖がって炎症を放置し続けても、治るまでの時間が先延ばしになるだけなので医師に説明をよく聞いて積極的に治療します。

ワセリンは役に立つ?

アトピー性皮膚炎はステロイドで治療するのが一般的です

肌バリア機能を維持しにくくなっているので、表皮バリアの破綻を予防すれば、可能性があります。

角質層が乾燥すると、肌バリア機能が低下するので、それを予防したいなら角質層にうるおいを与えて、キープさせなければなりません。

肌バリア機能が維持されるので、ときはケアを行うようにしてください。

多少の刺激を受けても、肌が荒れにくくなるでしょう。

重ね塗りを行うと、余計に皮膚が乾燥しやすくなって、逆効果になることがあるので、アトピー肌を治療するためにうるおいを与えたいときは、薄く塗ることが大切です。

しかしそれらの商品には界面活性剤が配合されているため、角質層を破壊する恐れがあります。

肌バリア機能が弱まってしまうので、ワセリンを選んでください。

混合すると、ステロイドの効果は薄まるのに副作用はほとんど変わらないので、混ぜて使うことはやめましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 12 =