【FX】 1pipsを大事にすることがスキャルピングの基本です

スポンサーリンク

スキャルピングがオススメではない人とは!?

FX スキャルピング手法では、その手法の特殊性からお勧め出来る人がいればその反対のお勧め出来ない人もいます。

それぞれのトレード手法にも適している人、いない人がいるのです。

FX スキャルピング手法をお勧め出来ない人について説明します。

スキャルピングがお勧め出来ない人とは?、

一瞬の素早い判断が苦手という人

これは、当然ですがスキャルピング手法をお勧め出来る方とは真逆になります。

短時間でもかなり高い集中力が必要になります。

エントリー中はもちろんですが、エントリー前にもある程度集中していないとトレードチャンスを逃す可能性がありますので、集中するのが苦手という人にはお勧め出来ません。

短時間で売買注文を行う度にパソコン操作が必要になります。

パソコン操作に慣れていないと箇所で注文したり注文操作自体に遅れが出たりして、可能性があります。

ですので、スキャルピング手法では、短時間での的確なパソコン操作が求められます。



スキャルピングがオススメな人とは!?

FX トレード手法の1つスキャルピングですが、1回のトレード時間が1日のトレードチャンスが多い反面、リスク管理が重要になります。

ただ、事はそう簡単なものでは無く、このスキャルピング手法を行うためには、適している人とそうでは無い人がいます。

つまり、1回のトレード時間が短く1日のトレードチャンスも多いのですが、この手法が自分に合っていなければ継続してトレードする事が出来ないのです。

スキャルピングがお勧め出来る人とは?、

新規エントリーから決済まであまり待てないという人

新規エントリーから決済注文まで1日ないし数日間掛かります。

余裕があれば問題ありませんが、そうで無い場合には焦りから自滅してしまう可能性があります。

ですので、長期間のポジション保有が嫌だという人は、一度スキャルピング手法でトレードしても良いかと思います。

為替相場への一瞬の対応を誤ってしまうと、損失を出し続ける結果になってしまう恐れがあるのです。

ですので、常に変動している為替相場への対応が素早く行える人であれば、スキャルピング手法をお勧めします。

それだけ負ける可能性もありますが、逆に言えばそれだけ勝てる可能性もあります。

スキャルピングでは1pipsが大事です!

スプレッドの低いFX 会社でトレードするのはもちろんですが、それ以上に1 pips を大事にしなければなりません。

スキャルピングでは1 pips の積み重ねによって、少ないながらもトレード回数を増やすことによって、トータルのpips 獲得数を増やしていく手法になるからです。

1 pips と言えば1万ドルのトレードで100円の計算になりますが、スキャルピングでは100円を馬鹿にしている限り、注意が必要です。

スキャルピングでは1 pips を笑うものは1 pips で泣く

1回のトレードで50 pips や100 pips もの為替差益を稼げる事は、トレード手法にもよりますがほぼ不可能だと言えます。

これは何もトレード手法に限った事ではありません。

例えば、USDJPY のスプレッドがA 社では1 pips 、B 社では0.3p ips だった場合、スキャルピングでエントリーした時点で0.7 pips の差が出てしまうのです。

エントリーしただけでこの差が出るのですから、スキャルピングではFX 会社のスプレッドの低さは非常に重要になってくるのです。

FX 会社によっては新規エントリーや決済時にスリッページが発生する場合がありますので、スリッページも重要になってきます。

ですので、もしあなたがスキャルピングを行うのであれば、トレード毎に1 pips を大事にして下さい。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + twenty =