【FX】 相場の大暴落に備える

スポンサーリンク

相場の大暴落に対処するには

FX相場ではごく稀に大暴落が起こります.

長らくFXトレードを行っていると、ある日突然クロス円の為替レートが雪崩のように下落または逆に大暴騰する場面に出くわすものです。

もっとも、こういった大暴騰や大暴落は1年に何回もあるという訳ではありません。

日本国民であれば忘れもしない2011年3月17日の大暴落でした。

2011年3月17日と言えば、東日本大震災が起こってから6日後ですが、通常地政学的リスクがあると該当国の通貨が売られるため、東日本大震災が原因であれば大暴落ではなく大暴騰になるはずです。 でも、この時は大暴落になったのです。

為替相場の大暴落に対処するためには? 2011年3月17日の朝だったと思いますが、USDJPYやEURJPYをはじめ、ほぼ全てのクロス円がものの数分間で300pips以上の大暴落になったのです。

それはもう、何が起こったのか分からずに、ただただ為替チャートを眺めているだけしか出来ませんでした。

仮にUSDJPY を10万ドルの買いポジションを保有していたら、数分間で30万円以上の損失にもなってしまいます。

数分間で30万円の損失なんて、資金が少ない方にとっては再起不能になってしまいかねません。

さすがに当時は、ここまで下落するとは誰も予想していなかったようなので、為替相場は一時パニックになっていました。

つまり為替レートがこれほど下落するとは思っていないため、ストップ注文をかなり深めに、またはストップ注文を入れていなかったのではないかと思われます。

そうでなければ、あれほどロスカットの連鎖が起こるとは考えられないからです。

ただ、為替相場ではある日突然このような大暴落や大暴騰が起こってしまうのです。

まさか起きないだろう、まさかここまで下がらないだろうと思っていても、それが起こってしまいます。

ですので、為替相場で大暴落や大暴騰が起こった場合に備えて、保有しているポジションにはしっかりとストップ注文は入れて置く、FX口座の資金に余裕を持たせるなどのリスク管理が重要になってきます。

特にFX初心者の方は、いきなり大暴落や大暴騰が起こってからでは対処する事が難しくなりますので、事前のリスク管理が非常に重要になります。



投資資金は自己資金で

FX で稼ぐためには、当然ですがFX トレードするための資金が必要になります。

そして、資金と言えば小遣いから捻出したり貯金から捻出したり、専業の方であれば事業資金から捻出したりと、いろいろと出処がありますよね?

その資金をキャッシングなどで用意するという行為はどうなのでしょうか?

FX で稼ぐための投資資金は必ず自己資金で行いFXトレードに使う資金は、他社 (他人)から借りるのでは無く、必ず自己資金で行うようにして下さい。

これが、他社から借入れた資金の場合には必ずと言っていいほど破綻する事になります。

もっとも、いくら自己資金だからと言っても、そのお金が無くなるのは寂しいのでなるべくならFX トレードで利益を出し続けたいところですよね?

自己資金以外では必ずプレッシャーが掛かります。

これが他社から借入れた資金の場合には、絶対にこのお金を失うわけにはいかない、借入れたお金なので一刻も早く返済しないと大変だなどと、FXトレードにおいて一番邪魔な邪念やプレッシャーが入る事になります。

ですので、あなたがFX トレードで稼ぎたいのであれば、FX トレード用の資金は必ず自己資金で行って下さいね。

ちなみに、この自己資金というのは普段の生活に支障がない余裕資金の事になります。

MACDについて

マクドナルドの仲間かと勘違いされる人がいるようですが、これは名称を略したものになっています。

その名称とは、Moving Average Convergence / Divergence Trading Methodという、少し長い英文(? )なのですが、Moving Average は移動平均線でConvergence は収束、Divergence Trading Method は相違取引方法という意味となっています.

移動平均線や収束、相違取引方法と言われても、ピンと来ないという方がいる、というかそういった方の方が多いと思われますので、今回の記事ではMACD について特徴と使い方について説明します。

移動平均線収束相違取引方法という、分からない日本語になりますが、これを分かりやすく言うと移動平均収束拡散手法になります。

移動平均線とは、直近○期間の平均値を線で表したものですが、このMACDでは移動平均線よりも直近の動きを重視した指数平滑移動平均線(EMA)と呼ばれている線の短期と長期の差の事になるのです。

つまり、直近の動きを重視していますので、移動平均線よりもFXトレードのタイミングを早めに見つける事が可能になります。

FXトレードにおけるMACDとは?

FXトレードにおいてこのMACDの使い方ですが、先程説明した2本のEMAが、0以下でゴールデンクロス(短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に交差して抜ける事)すれば買いの目安になります。

これとは逆に、2本のEMAが、0以上でデッドデンクロス(短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に交差して抜ける事)すれば売りの目安になるのです。

つまり、このMACDとは、2本のEMAが0以下、または0以上で交差したのか否か(ゴールデンクロス、デッドクロス)によって売買のタイミングを計るテクニカルという事になります。

先程、移動平均線よりも直近の動きを重視していると説明しましたが、実際のところそれほど早くサインが出ると言うものでは無いのです。

つまり、ぶっちゃけFXトレードでは使えないという評判がありますが、どんなテクニカルにも言えるように肝心なところは使い方次第になります。

確かに、MACDはサインが遅く出る傾向がありますが、そこは他のテクニカルと組み合わせて使う事によって、よりサインの精度を高める事が可能になるのです。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − one =