ファスティング(断食)ダイエットについて

スポンサーリンク

ファスティングダイエットのやり方

ファスティングダイエットが女性の間で注目されていますがどのような方法で行えば良いのでしょうか?

ファスティングダイエットというのは、短期間のプチ断食のことです。

期間中は食事をせずに、水分だけで過ごすというのが基本です。

ただ、水分だけだと栄養不足で体を壊しやすいので、酵素ドリンクを用いた方が良いでしょう。

酵素ドリンクには、酵素の他に、1日に必要な栄養素も含まれています。

食事の代わりに栄養価の高い酵素ドリンクを摂取することで健康的にファスティングダイエットを行うことができます。

ファスティングダイエットを長期間行うのは体に悪いので、2日目は食べ物を口にせず、酵素ドリンクを1日に3回ほど飲み、栄養補給します。

最終日の3日目は、胃腸に負担をかけないために消化に良いおかゆなどを食べ食事量も通常より少なくしましょう。

このように3日間を過ごすことによって、ダイエット効果やデトックス効果を得ることができます。

【送料無料】 今なら増量中!酵素ドリンクダイエット【ファスティープラセンタ100,000】【選べる3タイプ】【特典付】【TVや雑誌でも話題!】

価格:3,800円
(2019/7/6 09:24時点)
感想(29944件)

どんな人に向いている

ファスティングダイエットが向いている人は、以下のようなタイプです。

・短期間で痩せたい人
・運動が嫌いな人
・便秘を解消したい人
・肌荒れを改善したい人
・空腹感に耐えられる人

ファスティングダイエットは、このような人に向いています。

ファスティングダイエットを行うことによって、数日間で一気に体重を落とすことができるのでどうしてもすぐに痩せたい人におすすめです。

体を動かすことなく痩せられる痩せられるファスティングダイエットが最適です。

それに、ファスティングダイエットをすることによって、腸内環境を改善することができるため、

ファスティングダイエットをすることによって、腸内環境を改善することができるため、 便秘に悩まされている人にも向いています。

デトックス効果があるので、肌荒れを改善したいという人にも良いでしょう。

ある程度の空腹感に耐えられる人に向いています。

どんな効果があるのでしょうか?

ファスティングダイエットの効果は、大きく分けて4つあります。
・短期間で痩せることができる
・内臓機能を正常化できる
・暴飲暴食を改善できる
・デトックス効果がある

ファスティングダイエットによって物を食べないことで、短期間で痩せることができます。

ファスティングダイエット中は休ませることができるので疲れきった内臓機能を正常に戻すことができます。

内臓機能を正常化することで、体調も良くなります。

また、便秘解消にも効果があり、毒素を体外に排出することができますから、デトックス効果が生まれます。

ファスティングダイエットと聞くと、ダイエットのイメージが強いですが、健康や美容にも大きな効果をもたらすのです。

体調を整える意味でも、定期的にファスティングダイエットを行うといいかもしれませんね。

注意点とは?

ファスティングダイエットを成功させるには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

ファスティングダイエットの注意点は、大きく分けて4つあります。
・無理をしない
・健康な時に行う
・激しい運動を控える
・ダイエット後の暴飲暴食に注意する

ファスティングダイエットを行う時に一番大切なことは、絶対に無理をしないということです。

ファスティングダイエット中に頭痛を感じたり、体調が優れなくなった場合は、

そのまま続けてしまうと非常に危険なので、すぐにダイエットを中止してください。

痩せたい気持ちは分かりますが、ここで無理をすると体に悪影響しかありません。

また、ファスティングダイエットは、必ず健康な状態の時に行うようにしましょう。

風邪を引いている時や疲れている時に行うと長続きしませんし、体調を悪化させてしまいます。

ファスティングダイエット中は、エネルギー不足気味なので、運動を控えるようにしてください。

ダイエット後はダイエット中のストレスから解放され、暴飲暴食をしてしまいがちです。

暴飲暴食してしまうとダイエットをした意味がなくなりますし、胃腸に負担をかけてしまい、 体調を崩しやすくなってしまうでしょう。

復食の取り方

ファスティングダイエット後、すぐに通常通りの食事に戻してしまうと、リバウンドしたり体調を崩してしまう危険があります。

そのため、徐々に通常通りの食事に戻していく必要があります。

このファスティングダイエット後の食事のことを復食といいます。

復食のポイントは、以下の3つです。
・ファスティングダイエット期間と同じ期間の回復期をとる
・消化の良い食べ物を口にする
・食事量は少量からスタートする

復食のポイントは、ファスティングダイエット期間と同じ期間の回復期をとることです。

ファスティングダイエットを3日間続けたのであれば、3日間回復期をとるようにして、 その間は通常通りの食事を控えてください。

おかゆやスープといった消化の良い食べ物を口にするようにしましょう。

いきなり、固形物を食べてしまうと、胃腸に負担を与えてしまいます。

また、以前と同じ食事量を急にとってしまうと胃腸が驚いてしまうので食事量は少量からスタートして、徐々に増やしていくようにしてください。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + five =