せどりについて④ せどりのお手軽さ

スポンサーリンク

せどりのお手軽さ

サラリーマンで日々忙しくしている人に手軽にできる副業としてオススメしたいのが「せどり」です。

「せどり」とは「個人で出来る転売・物販ビジネス」のことを言います。

わかりやすく言えば「リサイクルショップで買ってきた中古品をネット上に売り出し、その差額を儲ける」ということです。メルカリやアマゾンなどが良い例だと思います。

給料日前になるとキツいので、給料日後に毎回行きました。

比較的新しい中古品を購入し、そこから1.5-2倍増しの金額を設定し売りに出します。

売りに出してから買い手が見つかるまでは少々の時間がかかるので、毎日の決まった作業時間というものは特にありませんが、「撒いた種の芽がでるのを何日も待つ」という感覚です。

ある程度金額が高くても「お店で買うより安い」という金額であれば買い手も見つかりやすいです。

慣れるにつれて金額をあげていくことも一つの手段です。

初心者でも始めやすいというメリットのある副業です。

正しい方法で大きく稼ぐ

もし副業を探しているのならばせどりをおすすめします。

副業には投資や不動産売買が有名ですが資金が減ってしまうリスクがあります。

せどりをしたことがない人は初心者の自分が大きく稼げるはずがないと思いがちです。

確かにまったく知識がない人がいきなり多くの利益をせどりで得ることは難しいです。

事前にしっかり準備をして正しい方法でせどりをすれば初心者でも十分稼ぐことは可能です。

初心者は最初はあまり利益を出せないことがありがちですが、諦めないでせどりをしばらく続けることが肝心です。

いきなり多く稼ごうとしないでコツコツ利益を増やすようにするべきです。

せどりで少しでも利益を得ることができれば自信を持つことができます。

せどりを成功させるために大事なのが仕入れです。

なるべく安く仕入れることができれば自然と利益が増えていきます。ただ、せどりにはライバルが多いので簡単に安く仕入れられるわけではないです。

即決しないといけないので事前に何を仕入れるか決めておく必要があります。

在庫を抱えてしまわないようにすぐに売れそうな商品を仕入れることも肝心です。

設ける人の特徴やコツ

お金を得るためには便利な方法が多数あります。

最近ではせどりのような方法が話題になっているのが特徴です。

これは持っているものを売ることが重要なビジネスです。

実際にせどりで儲けを得るなら安い価格で何かを買うべきです。

安い価格で仕入れをすれば儲けが大きくなります。

逆に高い商品を仕入れても売れれば結果は大丈夫です。

このビジネスにはオークションサイトや通販が深く関わっています。

つまり仕入れたものをインターネットで売ることが条件です。

インターネットが使えるならせどりを始められることにもなります。

またこれで儲けられたという話は非常に多いです。

これはインターネット時代に浸透した新しいビジネスです。

例えば仕入れで間違えるとお金にならないのです。

このビジネスには基本もあるので勉強が必要です。

しかしノウハウなしでも成功する可能性があります。

安い商品なら低い金額で売っても儲けになります。

今はインターネットがあって仕入れも簡単に終わります。

これに向いている人もいるので調べることが大事です。

基本は売り買いをするビジネスで好きなら続けられます。

ショッピングが好きな人間はこれに合っていることが多いです。

頭を使ってもうけよう

古本屋などで売っているマンガを安く買って転売するだけでラクというイメージを持たれがちですが、そんな甘いものではありません。

某古本チェーン店では10年くらい前までは売れなかった本がだんだんと値下がりしてゆき、最終的に100円コーナーに移っていっていたのです。

今だったら1冊10000円でオークションに出ているようなマンガが、当時は100円で買う事ができました。

最近は、店舗側もデータベースを持っているので、価値のある本は他のルートへ流してしまうような傾向になっています。

そんな下手したら在庫を抱えてしまうせどりは、売れる本の傾向をしっかりと把握して行わないと在庫を抱えるはめになってしまいます。

「今」は何が売れるのかをしっかりと常にリサーチしておかなければ、ゴミを仕入れる事と変わらなくなってしまうのです。

頭を使って「今」は何が売れるのかをしっかりと常にリサーチしておかなければ、ゴミを仕入れる事と変わらなくなってしまうのです。

せどりのメリット・デメリット

アマゾンのマーケットプレイスやヤフオク、メルカリ、ラクマ、ジモティーなどなど、昨今、個人間で商品を売り買いするツールが多数登場している中、副業としてせどりを考えている方も少なくないと思います。

せどりとは個人レベルでの仕入れを行って、利益を上乗せし転売する商行為を指しますが、近年、様々なツールによって元々古本業界で行われていたせどりが拡大していき、現在ではCDやDVD、ゲーム、おもちゃ、家電製品などにまで及んでいます。 そんなせどりですが、これから初めてみようというせどり初心者の方は、まずそのメリットとデメリットを押さえておく必要があると思います。

まず、最大のメリットは個人レベルでできるということです。

また、ネットを中心とした販売網を駆使すればすぐに成果が得られる点も大きなメリットと言えます。

逆にデメリットを上げると、まず考えられるのはすべてを自分で行わなければならない点です。

せどりは問屋やメーカーから商品を仕入れるのとは異なり、すべてを自分の眼と手足を使って仕入れなければいけません。

これができなければ利益を上げることはできませんので、最も大きな問題と言えます。

また、ライバルが多いのもデメリットとして挙げられます。

それだけ競争となり、それに勝つ必要があります。

ライバルに先んじて利益の上げられる商材を見つけ出す目利きが、せどりには必要と言えます。

せどりのメリットとデメリットから、テクニックが見えてくると思います。

これから初めてみようという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − thirteen =