胸の痛みがあったら・・・

スポンサーリンク

胸が痛む、これって何?

胸が痛い時、多くの人が「えっ?もしかして乳がんなの?」と思うようですが、多くの場合は乳腺症です。

乳腺症は、乳腺の組織に種々の変化が混在して乳腺が硬くなったり嚢胞ができたりする状態の総称です。

病気と言うよりは、正常な状態を少し逸脱していると考えるのがベターです。乳腺外科が専門の医師が、最も遭遇する疾患です。

30歳代後半から閉経前後の50歳代の女性に見られます。

乳房に痛みを感じたり、腫れたり、硬結(しこり)を触れたりします。

時には乳首から乳汁が出たり血が出たりすることもあり、慌てて「おっパイが痛いし、血が出たし、乳がんではないですか」と悲惨な表情で受診される患者さんも、多くは乳腺症です。

授乳中のお母さんの2~3割が乳腺炎になると言われています。

おっパイが痛くなって硬くなったり、発熱することもあります。

乳腺に母乳が詰まって炎症を起こすことが原因です。

赤ちゃんにできるだけ吸ってもらう事や、授乳後に母乳を乳腺内に残さないように搾乳機で搾乳すること、おっパイのマッサージなどが予防策としてあげられます。

下着も、胸を締め付けない授乳用のブラジャーにしましょう。そして、高脂肪の食事に偏らないようにすることも大切です。

授乳期にプラスされるエネルギーは350Kcalほどです。

これは、子ども茶碗に軽くご飯2杯分のカロリーです。

チーズバーガー1個で500Kcalを超えますので、「赤ちゃんの分も」と思って食べると、食べ過ぎてしまう可能性が高いです。

【楽天ランキング1位】【産前産後兼用】マタニティ ブラジャー 美妊婦  授乳ブラ 美乳 垂れ防ぎ 授乳しやすい 授乳ブラジャー 授乳用ブラジャー ブラ 産前 産後 授乳 マタニティ授乳兼用 妊娠中~産後授乳期まで 5色

価格:1,860円
(2019/6/26 06:20時点)
感想(198件)

乳首が痛む原因で考えられることは?

女性の場合には、成長期などにはとても辛い症状がたくさんあります。

まず、月経などがこれにあたります。 そのため、中学生であっても、あまりにも月経の際に痛みが強い場合には、痛み止めを保健室で処方してもらうか、またはお母さんなどから購入してもらう、などの対策を講じてもらい、何とか学校に通っている方もおられます。

こうした「月経」の際には、「ちくびが痛い」ということがあります。

これは、月経の際には、原因として、身体がとても敏感になっていることも挙げられるかもしれません

この際には、同時に、胸なども普段よりもはっている、と感じる方もおられます。

上記のように月経など、身体が大人の女性に向けて成長していく過程で痛い、このような原因が隠れている場合もありますが、場合によっては、何かしらの病気が隠れている、このようなケースもあるため、婦人科などで、あまりにもちくびが痛いと感じる場合には、受診をしてもらった方が良いです。

これとはまた別の原因として、やはりお子さんを授かった後には、ちくびが痛い、と感じられるお母さんもおられる、とされています。

これもなかなか会話としては、出てこないものですが、月経などと同じように、身体が普段とは違う状態になっているため、身体が丸くなり、それと同時に、出産に控える、また赤ちゃんのために、身体がどんどんと変わっていく、このような事柄があるため、ちくびが痛い、胸全体が痛い、このようなケースはあります。

胸が張るときに知っておきたい事

胸が張りだしたとき、多くの人は「生理がそろそろ来るかな」と思うのではないでしょうか。

生理前の兆候としてあらわれる胸の張りは病気ではないので心配はいりませんが、生理が終わってからも張りを感じたり、また痛みがある場合は注意したほうが良いでしょう。

特に更年期になれば体調の変化が著しく、また胸が張ったり痛みなどの症状があらわれることがあります。

女性は10代のころからホルモンバランスと付き合ってきましたが、胸が張る原因はホルモンバランスの乱れからきているのです。

20代や30代になるとホルモンバランスが安定してくるのですが、ストレスや生活環境などの変化によってホルモンバランスが乱れてしまうことも多いのです。

40代や50代は卵巣の機能が著しく低下するため、これによって胸の張りや痛みが長く続きます。

これらは女性であれば更年期にかかわらず月経が始まった10代から抱える悩みでもあり、ホルモンバランスの乱れによるものです。

まず、予防のためには規則正しい生活を心がけることです。

睡眠不足が続くことによってホルモンバランスはすぐに乱れてしまうので、最低でも夜の12時までには就寝するように心掛けましょう。

しかし、規則正しい生活をしようと頑張りすぎると逆にストレスが溜まってしまう場合もあるので、無理をしない程度に少しずつ生活習慣を変えていくと良いでしょう。

脂っこい食事は乳腺が詰まりやすくなるので、魚や大豆製品、緑黄色野菜、キノコ類、海藻類などバランスよく1日の食事にとりいれることが大切です。

医療機関へ受診することも大切ですが、症状があらわれる前に自分でできることは意識して行い、しっかりと予防対策していくことが大切です。

乳がん特有の痛みとは?

乳がんは女性にとって恐ろしい病気の一つで、女性が発病するがんの中でも多くの割合を占めています。

乳がんとは乳房組織に発生するがんのことですが、初期の段階では自覚症状を感じることはほとんどありません。

そのため検査を受けて初めて乳がんであることが判明したという方が多くなっています。

乳がんは恐ろしい病気ですが早期に発見できれば克服することも可能ですから、少しでもおかしいと思ったら早めに医療機関に行って検査を受けることが大切です。

早期の段階で発見するためには、どのような痛みや症状が起こるのかを知っておく必要があるでしょう。初期症状として挙げられるのは乳房に現れるしこりです。

症状が進行してくるとチクチクと刺すような痛みが走ったり、乳頭に痛みが現れるなどの症状が起こりやすくなります。

乳頭や乳房は、がん以外でも痛みや違和感が現れることがあるため、つい軽く考えてしまうことがあるでしょう。

特に月経前などは違和感を感じやすくなります

このような症状であれば一日や二日程度で改善することが一般的ですが、一週間以上痛むときやしこりに触れるなどの症状が現れたら迷わず受診することをおすすめします。

完全に乳がんを予防する方法はありませんが、かかりにくくするために有効だとされている方法はいくつかあるので実践してみるといいでしょう。

例えばバランスの取れた食生活を送ることや、アルコールの摂取量を適量に抑えること、適度な運動習慣を身につけることです。

どれも生活習慣病の予防にも効果的な方法ですが、乳がんの発病リスクを下げるためにも有効です。

特に食生活は重要で、油っこい食事を好む方は体内に余分な脂肪が蓄積されやすいため気を付けなければなりません。

ダイエットが必要な方は野菜や海草、魚を使った料理を多めに摂取するよう心掛け、余分なカロリーを摂取しない食事メニューに改善していきましょう。

乳がん検診ではマンモグラフィが使われることが多くなっています。

マンモグラフィは強い痛みを感じる検査方法のため体験すると次回からは受けたくないという方もいるでしょう。

そのようなときは超音波検査を希望しましょう。

乳腺症の症状と対策

胸に痛みがあったりしこりがあったり、女性にとって胸のトラブルの悩みは意外と多いものです。

このような女性の胸にあらわれる変化やトラブルに見舞われる状態のこと、すべてを総合して乳腺症と呼んでいます。

ほとんどの場合が心配はないケースで、治療の必要もありません。

乳腺は母乳を作るための組織と母乳を乳頭まで運ぶ乳管からなりたっています。

生理前に胸が張るのは黄体ホルモンにより、乳腺が充血するためといわれています。

この場合には時期が来れば収まるので、我慢して時間が過ぎるのを待つという人が多いでしょう。しかし時には元に戻らないことも見られます。

女性の胸はホルモンの変化に常に影響を受けているので、一部分の痛みや張りが極端に強くなり、しこりができる場合もあります。

そして乳管から分泌物が出る場合もあります。 これらが乳腺症です。 痛みは両方の胸に同時にあらわれることもあれば、片方の胸だけの場合もあります。

しこりができるのも一つだけとは限らず、複数できることもあり、大きさも大小さまざまです。 特に授乳期の女性は乳腺炎の対策を行いましょう。

乳腺炎は乳房の痛みだけでなく、腫れや発熱を伴うケースも見られます。

4人に一人の割合で引き起こされるともいわれているので特に注意が必要です。

和食中心の食事を心がけるようにしましょう。

乳腺症の対処法としては、もしもしこりが気になる場合には乳腺専門医の受診をおすすめします。

しこりで一番心配なのが乳がんです。 乳がんが気になる場合には、やはり専門医の受診が望ましいといえます。

乳腺症で受診するのに最適なところは、乳腺科や乳腺外来のある大きな病院です。 マンモグラフィの検査では触診だけではわからない小さな病変までをも見つけることができます。

また超音波検査で乳房のしこりの腫れをチェックすることもできます。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =