仮想通貨  取引所で悩んだら

スポンサーリンク

取引所での登録

仮想通貨を購入するには、取引所に登録するのが当たり前です。

取引所の選択を誤ると取り返しのつかない事になる可能性があると思います。

世界的に有名だと言われているのは、中国の取引所である「BINANCE」です。日本語にも対応していますので、日本人にとってはありがたいです。

ただし、スマホアプリの方は日本語には対応していないので注意が必要です。

「 BINANCE 」からメールが届くので、リンクをクリックすれば登録完了です。

とりあえず登録しておくというのも、良いと思います。

そして、二段階認証もしますので安心感もあります。

そして、早速自分が持っている仮想通貨を入金してみましょう。

1日の内に2B TC 分の出金しか認められてはいませんが、住所やパスポートを登録するだけで100 BTC まで出来るのです。

「 BINANCE 」は世界最大規模の取引所だとも言われています。

安心して、仮想通貨を増やしたいという気持ちは誰もが同じです。

出来れば、取引所は分散して預けておくというのも1つの方法だと思います。

小額づつ、いろいろな取引所に預けてみて、どこが自分と相性が良いのかを見極めるという事を勉強していくという事が、これからは必要になってくるのではないでしょうか。

資料を出来るだけ集めて、これからどの取引所に預けるのかを決める事はとても大切な事です。

その時には、やはり利用者数が多い所が安全ではないでしょうか。

取引手数料0の仮想通貨取引所が、ついに誕生しました!

OVERBIT取引所は取引手数料が0円以外にも 、

● 日本語対応

● 軍用規格のセキュリティ

● レバレッジ最大30倍で取引が可能

など、非常に使いやすい取引所になっているので、

ぜひこのタイミングで口座開設しておくことをオススメします!

サイトは全て日本語で、以下のたった3ステップで簡単に登録できちゃいます!

ーー 登録の流れ ーー

※ 1分で完了します!

②メールアドレスとパスワード、お名前を登録

①の登録後に来る自動返信メールのURLをクリック

③開設完了!

オーバービット取引所

リスクを知りましょう

大手仮想通貨取引所であったコインチェックから不正アクセスが相次ぎ騒ぎなどがニュースで取り上げられているので、仮想通貨投資は危ないものだと思った人も多いかと思います。

しかしながら、厳密にいえば、仮想通貨の問題ではなく、業者による管理のずさんさが露呈したのであって、仮想通貨自体が問題というわけではないことは、冷静に判断すればわかることです。

もちろん、仮想通貨も2000年代になってから登場してきた新しい概念であるがゆえにまだまだ高いリスクがつきものと言わざるをえません。

安心して仮想通貨投資を行うためには、まず仮想通貨投資にまつわるリスクを知り、その対策を立てるべきだといえるでしょう。

まずは、今回露呈した通り、仮想通貨取引所自体が利用できなくなったり、最悪の場合倒産したりという可能性があります。

なるべくならば仮想通貨取引所として金融庁から認可された業者を使うようにしましょう。

また、万が一のときのために取引所は複数口座開設しておき、資産も分散させることで被害を最小限に防ぐことができます。

いきなり大金をつぎ込むのではなく、少額からやることで値動きへの耐性はわりとついてきます。

相場を見ることで相場観も養われますし、少しずつ買い増していくことで、ドルコスト平均法が使え値動きの大きさを軽減することができます。

必ず儲けられるなら、誰だってやるものだと肝に銘じておきましょう。

リスクを軽減する投資方法

これから仮想通貨投資を始めようという初心者の方に注意点を教えたいと思います。

その販売形式には販売所と取引所という2種類があるあり、販売所は運営組織が持っている仮想通貨に手数料を乗せたものを買い、売る時は手数料分引いた額で売るため、楽ですが割高になります。

取引所は売りたい人と買いたい人が互いに売買し合う形式で、取引が活発だと細かく値段が変わり一体いくらに設定したものか悩むのですが、販売所よりも手数料は少ない傾向があるので、よほど楽に、時間をかけずに売買したいわけではなければ取引所がおすすめです。

買った仮想通貨はウォレットで保存しよう。

買った仮想通貨を取引所に預けたままにしておくことは危険です。

日本では2014年のマウントゴックス事件、そして2018年1月のコインチェック事件があります。

日本円での補償が発表されましたがいまだ支払われていません。

なので買った仮想通貨はウォレットに移動させておきましょう。



ウォレットは大体3種に分けられ、オンラインウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットがあり、基本的に後者に行くほど盗まれにくくなります。

しかし、ハードウェアウォレット自体に仕掛けをされると防げないので、きちんとしたところやメーカーから購入しないといけません。

仮想通貨を定期的に決まった金額の分だけ買ってくれるサービスを行っている取引所があります。

これはドルコスト平均法という投資の手法で、その仮想通貨が高い時には少なく、安い時には多く買ってくれるのでリスクが少なく含み益を出しやすいという特徴があります。

仮想通貨のはじまり

そもそもこの仮想通貨というものがどうやって誕生したか知っているという人は、どれだけいるのでしょう?

一番最初は、ある人物の論文から始まりました。

そのじんぶつもまた謎な人物で、日本名の男性という事は分かっているのですが、本当に日本人なのかとか、男性なのかとかまでは知られていないとも言われています。

あるエリート集団が自分達で暗号通貨を開発したそうです。

でも、最初はインターネットの中だけで存在するという通貨でした。

「このビットコインで買い物は出来ないのかな?」

男性の話を面白いと思ったピザ屋さんが売ってくれたのです。

これが、初めて仮想通貨が現実世界で使われた瞬間でした。

現在では、世界中のあらゆる場所で仮想通貨が使えるようになりました。

家電量販店やリフォーム会社まで、所で仮想通貨は当たり前のように使われています。

仮想通貨に関しては、気を付けなければいけない点もあるのだと思います。

ネットの中では操作される可能性もあるという事です。

仮想通貨は市民権を得れるのだろうか?

電子記録に基づいてインターネット上でやり取りするお金、それがビットコインなどの仮想通貨です。

まるでデジタル時代の寵児の様に、連日のニュースを賑わせております。

何せ、円、ドル、元、ユーロなどの法定通貨とは違って、いつでも世界中に安全に早く、しかも安い手数料で送金できるという利便性も手伝って、世界的な規模で関心が集まっております。

過熱気味の投機の故でしょうか最近は規制の動きが海外で強まっています。 欧州ではドイツとフランスが何らかの規制措置を検討すると発表したばかりですし、アメリカ有力投資家の中には仮想

通貨の将来を悲観視する向きも有る様です。こうした事情などにより、ビットコインの相場が下落しているのは周知の事実です。

実は我が国は、世界の取引量の3割を占める仮想通貨大国なのです。

銀行は現金を扱う事によって、その手数料で稼いでいる会社ですから当然と言えるかもしれません。

簡単に国境を越える仮想通貨は金融の常識を一変させつつあります。

セキュリティーの課題が浮上すると共に、仮想通貨が真の意味で市民権を得るにはまだまだ課題がありそうです。

でも、その可能性には誰しもが期待を寄せているとも言えそうです。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 4 =