仮想通貨の安全性は大丈夫?

スポンサーリンク

NEMが流出

仮想通貨のブログを書こうと情報を探していたら、NEM人気の記事がありました。

セキュリティが高く、日本人にも人気があるそうです。

たまたまコインチェックで口座を持っていたので試しに1万円買ってみました。

その後一日ぐらいでニュースをチェックしてみるとコインチェックからNEMが580億円分流出したことを初めて知りました。

26万人分の顧客分です。直後NEMは暴落し、返金するという報道があって値が戻りました。

仮想通貨にはインサイダー取引が規制されていない のでこの情報で内部で儲けている人もいるでしょう。

この事件をきっかけにビットコインも暴落し仮想通貨市場全体に不安感が漂ってます。

取引所の問題と仮想通貨の将来性には関係ないので自分の意識を高く持ってセキュリティの知識を身に着けるべきですね。

個人で安全に仮想通貨を保管するにはハードウォレットというものがあります。 ハードウォレットでも壊れたりなくしたりする可能性があります。

ソフトウォレットでもパスワード紛失したり、忘れたりすることがあります。

仮想通貨が黎明期から一般に知られる段階になって来て投資の知識がないひとが始めたりしています。

コインチェックでも出川哲郎がCM に出てさかんに仮想通貨を宣伝していました。

ここで大切になるのは正しい知識と行動です。自分自身で自己管理をして仮想通貨投資するのが大事ですね。

よく吟味して最終的には自己責任で投資するのが原則です。 リスクを考えたうえで、どのような取引額や取引スタイルをするかもういちど考えてみてくださいね。



仮想通貨・・・安全性は大丈夫?

仮想通貨はゴックス事件を見て危険・怪しい・詐欺というイメージをずっともっていた私ですがテレビのCMでもしているし、危険なものではないのかなと興味を持つようになりました。

試しにいくらくらいから仮想通貨は出来るのかなと思って調べてみたらなんと数千円からでも仮想通貨は買えるとしりびっくり。

ビットコインの値段などは1ビットコイン100万円以上するからとても庶民の主婦には買えないかな~と思っていたらビットコインは0.0001BTCから購入出来るそうです。

さらに仮想通貨はビットコインだけじゃなく色々な通貨があるということを知りました。

ビットコイン以外の仮想通貨になるともっと安く購入出来るのでちょっと調べてみ見て自分の好きな硬貨を買ってみるも楽しそうですよね。

ネムの不正アクセスによる流出事件によって口座がストップされています。

不正アクセスによって盗まれた仮想通貨ネムの被害総額はなんと580億円!

私は幸いまだ口座を開設しただけで入金はしていなかったので他の取引所を口座開設することにしました。

次に私が口座開設したのはビットフライヤーです。

コインチェックは金融庁の認可がまだおりていない取引所だったのですがこちらのビットフライヤーは金融庁に登録されている取引所なので安心かなと思っています。

ローラさんがCMしているDMM コインも口座開設しようかと思っています。

イーサリウム

そこでこれから期待が持てる仮想通貨としてイーサリアムがあります。

イーサリアムはブロックチェーンの技術とスマートコントラクトの技術が取り入られている事から今後期待が持てる仮想通貨と言えます。

イーサリアムもレートが下がってきていますが、ビットコインほど下がっていない現状もあります。

それに一時期ビットコインとアルトコインが急激に下がった時でも回復が早かったのでイーサリアムだったと言う口コミもあります。
なぜイーサリアムが今後いいのかと言うとイーサリアムのブロックチェーン上でのスマートコントラクトを利用した技術を採用しているアルトコインが多く出てきてることが言えます。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用する事はイーサリアムを利用する必要があるために需要が方面で使われていることが言えます。

スマートコントラクトと言うのは英語を直訳すると「賢い契約」つまり改ざんされないためにスマートコントラクト技術を使う意味があります。

セキュリティにおいても堅牢に守られるために注目されています。

注目されているスケーラビリティ問題と言われる送金速度や送金手数料においてもビットコインがレートが高騰している事から、本来手数料を抑える意図から外れてしまっているために、今後はイーサリアムの方が送金速度がビットコインよりか早く、手数料も抑えられる事もあって有望です。

イーサリアムの特徴を理解している方はひたすらイーサリアムの保有に力を傾けています。

スティームの将来性

ビットコインをメインとして注目されている仮想通貨業界ですが、他に有望なアルトコインがあります。 それがスティーム( Steem )と言うアルトコインです。

スティームはSNSのプラットホームがあり、スティームはそれに連携しているアルトコインとしてスティームの将来性において認知している方は保有している現状があります。

そして最近アメリカ大手独立系の格付機関であるWeiss Ratings が B -を付け、ビットコインは言うとC +のランクを付けたことでスティームがビットコインよりか将来性が高いとして認められ、市場に驚きをもたらしました。

SNS で有名なフェイスブックを例えればいいね! ボタンと言っていいでしょう。

VoteボタンでいいねであるUpVoteを押すことでSNSの記事の作成者にスティームの仮想通貨が与えられると言う仕組みとなっています。

このUpVote によりスティームが与えられる事でSNS 内においてコミュニティが活性されていき、スティームの価格も上がっていきます。

スティームのSNS ではその辺りも設計されており、たくさん同じところから押されれば価値を下げる設計がされている事から収入も減っていくようになっています。

SNS においてUpVote でスティームの仮想通貨を得ることでその後取引所においてビットコインに交換することもできることから利用者も世界的に右肩上がりになっています。

デメリットとしては記事を後で消そうと思っても出来ないと言うブロックチェーン上の機能があるために、著作権の侵害にあたっていないかなど注意も必要と言えます。

取引所において仮想通貨のレートにひやひやする日々でなくSNSにて収入を増やそうと考えている方にとってはスティームを利用する価値があると言えます。

誰でも作れる仮想通貨?

今ニュースで話題の仮想通貨ですが、パソコンがあったら誰でも作れるという話を聞きました。

ただ、自分の作った仮想通貨が、信用されるかどうかは別にして、作ることは出来るそうです。今のところ作り方はわかりません。

仮装通貨は、約1300円購入していた仮想通過が、約1200万円になり家を購入したという情報がパソコンに流れ、仮装通貨ブームがやってきたそうです。

最近ニュースで話題になったのは10番目くらいの種類のようです。

仮想通過は、本来、海外旅行などに行くときに、円からドル、ドルからユーロへ換金する作業をしなくても良いように、仮想通貨として、世界共通のお金として使用することを目的としたのが始まりで、まだ、国内の金輸機関や国の対応が追い付いていないようです。

今回の問題は、国の法律が出来る前に、すでに仮想通貨として稼働していたようで、セキュリティーも法律では3つのところ一つだったようです。

取引所は儲かるということでしょうか。、

銀行でいうなら本社という事でしょうか。

仮想通貨とは、売り買いしながら儲けていく、株のようなものなのでしょうか。

ちなみに、仮想通貨を持つには、銀行口座を持たなければならないそうです。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + eight =