FX トレードではサーバーの安定性が重要

スポンサーリンク

サーバーの安定性が重要です

FXトレードではFX会社のサーバーを使います

FXトレードでは、大抵の場合FX会社が提供しているインターネットを介したトレードシステムを使う事になるかと思います。

ですので、サーバーの性能にはFX会社によってはかなりの差となって表れてくるのです。

システムトレードにとってこのサーバーはとても重要になってくるのですが、このサーバーの動きが安定していないと思わぬ事態を招く事に繋がるのです。

このFX会社が用意または外部に委託しているサーバーですが時として不安定な動きをする事があるのです。

もっとも、通常の時間帯からFX会社の取引サーバーが安定しないなんていうのはもっての他ですが、そのようなFX会社であれば顧客が離れていくのでサーバーを強化しない限りは経営破綻する可能性が高くなります。

目の前で為替チャートが保有ポジションとは反対方向へ動いているのに何も出来ないなんて、とてもじゃありませんが諦めきれたものではありません。

あらかじめ損切り注文を入れておけば、決められた為替レートで決済される場合もありますが、中にはサーバーが不安定、またはダウンしてしまい、損切り注文が行われないという事もありえます。

ですので、FX会社を選ぶ際には、 会社が提供しているトレードシステムのサーバーが安定しているのかどうかの確認を行って下さい。

サーバー安定性は実際にトレードしないと分からない FX会社のサーバーの安定性ですが、これを確認するためには実際にFX会社へ口座を開設してトレードシステムの動きをチェックする必要があります。

1つのFX会社よりも複数の会社へ口座を開設して、実際に動きをチェックしてみて下さい。

自分の資金を使いますので、FX会社選びだとしても妥協だけはしてはいけません。



トレード可能時間の把握

FX 会社によってトレード可能時間帯が異なります

口座開設したFX会社の取引可能時間帯が自分のライフスタイルに合っていなかった場合には、思うようなFXトレードが出来ない可能性が高くなってしまいますよね?

取引時間を把握しておかないと、注文する予定だったものが注文する事が出来ないという事態にもなりかねないのです。

現在日本はもとより世界中にあるFX会社の取引可能時間帯は、年始(元旦)や土日を除く24時間休まずFXトレードをする事が可能となっています。

つまり、平日は月曜の早朝から土曜日の早朝まで休み無くFXトレードを行う事が可能です。

ちなみに、日本では平日に祝日が重なる場合がありますが、基本的には祝日も取引可能となっています。

しかし、月曜日の早朝には、前週の週末に為替相場に大きな影響を与えるような出来事が発生した場合には、為替相場が大きく動く可能性が有りますので、細心の注意をしながらFX トレードを行う必要があります。

現在のインターネット環境の普及によって、電話取引の需要は低下しているものと思われますが、パソコン操作が苦手な人には電話取引の方が良いかも知れません。

コールセンターの営業時間以外に為替相場に変動が起きた場合には、最悪損失が膨らんでしまう可能性があります。

ですので、24時間対応可能なコールセンターを持っているFX会社を選んだ方が良いでしょう。

リスク分散

FX会社の内部事情を知る事は重要です

FXトレードでは、個人が直接マーケットに電話をして取引を行う事は出来ませんので、取引システムを提供している、または電話注文に対応しているFX会社へ口座開設を行う事が必要になります。

それに、現在では世間によるトレードへの認知度が高まってきていますので、ごく少数ではありますが少し危険な会社もあるのです。

ここで1つ注意して欲しい点がありますので、今回の記事で説明します。

リスクがあるFX会社と聞くと、何か特別な会社と思う方もいるかも知れませんが、この会社も私達が勤務している通常の会社とさほど変わりはありません。

というのも、FX会社も通常の会社も毎月毎年企業努力によって利益を挙げ続けていかなければ、債務が膨らんでしまい結果経営破綻に陥る可能性があるからです。

これはFX会社だけではありませんが、その昔株式取引会社の大手山一證券や地方銀行の北海道拓殖銀行が経営破綻したように、FX会社にも通常の会社と同じようにある日突然経営破綻する可能性がゼロでは無いのです。

会社が倒産してしまうと基本的に会社が保有していた資産のほとんどが債権者へ分配される事になるのです。

FX会社では顧客から預かった証拠金を自社の資産とは別に管理している=分別管理を行う事が一般的なので、万が一会社が経営破綻しても基本的に顧客の資産は保護される事になります。

ですので、そうならないためにもトレードを行う場合には顧客の証拠金をきちんと分別管理しているFX会社へ、それも複数口座開設される事をお勧めします。

過去に分別管理を行っていると思われていたある会社が、実はしっかりと分別管理を行っていなかったという事があったからなのです。

もっとも、昔と違って最近では金融庁による規制も厳しくなっていますので、FX 会社ではきちんと分別管理を行っていると思います。

自分の資産は自分で守る、

これはFXトレードにおいてはとても重要な事になりますので、会社に万が一の事があったとしても自分の資産が全て無くならないように、リスクの分散は必要になります。

手法ばかり気にしては・・・

FX トレードでは手法以上に重要なことがあります

FXを始めて間もない方=FX初心者は、まだ右も左も分からないため本当の意味でFXトレードの怖さと言うものをまだ理解していない段階にあります。

そのため、基本的にFX初心者は早く稼ぎたいという思いが強いため、真っ先に稼げるFXトレード手法を求めがちですが、そんな事をしても今後トレードを続ける場合には無駄になる可能性が高くなります。

それは、FXトレードではトレード手法はもちろん重要ですが、それ以上に重要な事があるからです。

この重要な事をおろそかにしていてはいくら優秀なトレード手法があってもFXトレードで継続的に稼ぐ事は難しくなるのです。

FXトレード手法よりも重要な事とは?

始めてFXトレードを始めるFX初心者の場合、何らかの理由からトレードの世界に入ってきたものと思われます。

1.FXトレードは稼ぎやすいから
2.FXトレードは簡単に稼ぐ事が出来ると聞いたから
3.現在の収入源とは別の収入源が欲しいから
4.借金を返済するためにFXトレードを始めた

1.2についてはインターネット広告や広告メールなどによって、FXトレードは稼ぎやすいという事を頭の中に刷り込まれた可能性が高いと思われます。

また、3については、もっと収入を増やしたいという思いは分からないでもありません。

4については、理由では絶対にFX トレードを行ってはいけないのです。

FXトレードではトレード手法と共に、手法を確実に実行出来るだけのメンタルが重要になってくるからです。

為替チャートの上下に一喜一憂しているようでは、とてもではありませんがFXトレードで継続的に稼ぐ事は出来ません。

借金を返済するためにFX トレードを始めてはいけません

借金についてですが、現在借金をしている=精神状態が不安定になっている可能性が高くなります。

借金をしている状態では早く借金を返済したいという思いが強く、何か方法は無いのかと焦っている状態が続いています。

そんな時に、借金返済のためにFXトレードを始めてしまうと、FXトレードの手順を飛び越えてとにかくFXトレードで稼ぎたいという強い思いと精神的な焦りから周りが見えなくなってしまう可能性が高いのです。

そこにいくら優秀なトレード手法があったとしても、それを確実に遂行するだけの精神的余裕がありませんので、結果として借金を減らすどころか増やしてしまう可能性があるのです。

そのため、借金返済のためにFXトレードを始める事だけは絶対にやめて下さい。

後悔する事になる可能性が高くなります。

円高と円安

FXでは円高や円安に左右される場合があります

テレビやインターネットで、今日は円高になっていますね、円安になっていますね、などと聞くかと思いますが、何がどうなって円高なのか円安なのかが今一つ分からない方もいる事でしょう。

FXにおいて、現在の為替相場が円高になっている、または円安になっている事を知る事はとても重要になってきます。

円高や円安の意味とは?

この円高や円安の意味ですが、現在日本円が海外の通貨に対してその価値が高いのか安いのか?

つまり、今までよりも1ドル=2円安く買う事が出来るのです。

今までUSDJPY を1ドル100円出さないと買えなかったものが、今日は1ドル105円出さないと買う事が出来ません。

つまり、今までよりも1ドル=5円も多く出さないと買う事が出来ないのです。

何故円高では輸入や海外旅行が有利なのか?

これについては、先程の円高の部分を思い出していただければ話は簡単かと思います。

例えば、現在のUSDJPY が1ドル100円だったとします。

100円×100ドル=10,000円の支払いになりますが、これが1ドル90円になれば90円×100ドル=9,000円の支払いで済む事になります。

1ドル100円であれば100円×10ドル=1,000円の支払いですが、これが1ドル90円であれば90円×10ドル=900円の支払いで済むからです。

つまり、円高になれば支払いが少なく済みますので、結果輸入商品や輸入企業が有利(儲かる)事になるのです。

ちなみに、円安になればこれとは逆になりますので、輸出企業が有利になる一方、海外旅行では円高と比べて余計なお金を支払う事になりますので、不利になります。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 5 =