FX スワップとは何でしょうか?

スワップとは?


FXトレードではスワップで稼ぐ事も可能です FXトレードの基本は為替差益で稼ぐ事になりますが、為替差益以外のスワップでもやり方次第で稼ぐ事が可能になります。
このスワップはFX トレードにおける不労所得のようなものなのですが、ほったらかしのあまり余裕でいると後悔する可能性があるのです。
ただ、そもそもスワップの意味が分かっていないと話しになりませんので、今回の記事ではスワップとその稼ぎ方について説明します。

スワップとは?
簡単に言えば銀行や郵便局の普通預金や定期預金に付く金利=利息と同じ意味になります。 ただ、これは本当に簡単に言っただけであって、厳密には日本やアメリカ、欧州などの通貨との金利差の事なので、微妙に預金金利(利息)とは異なります。
もっとも、スワップは利息みたいなものなので、大きな差は無いように思います。日本とアメリカや日本と欧州、さらに日本と豪州などとでは金利に差がありますので、その差分をスワップ(利息)として受け取る事が出来るのです。
例えば、現在の日本の金利が0.1%になります。
それに対してアメリカの金利は0.25%、ユーロが0.05%、豪ドルが2%、NZ ドルが2.75%(いずれも当記事執筆段階)になっています。
そして、この日本の金利と海外の金利を比べると、ユーロ以外の金利はいずれも日本の金利よりも高いことが分かりますよね?
金利の低い日本円に対して相対的に高金利な海外の通貨を買った場合、同時に低金利の日本円を売っている事になるため、この2つの通貨間の金利差をスワップという形で受け取る事が出来るのです。 ちなみに、日本よりも金利の低いユーロを売って日本円を買った場合にも、微々たるものですがスワップを受け取る事が可能です。 まあ、金利にして0.05%の差なのですずめの涙でしょう。
そして、海外の高金利の通貨を持ち続ける事によって、毎日毎日スワップを受け取る事が出来ますので、長期間保有すればする程スワップが積み重なって行く事になります。
この場合為替変動に注意しないと、スワップよりも為替差損の方が大きくなってしまい、結果損失を出してしまう可能性がありますので、常に為替相場の動きには注意する必要があります。



レバレッジと証拠金

FXトレードにおける証拠金の意味とは?
FX トレードでは証拠金を入れる必要があります
FX とは、別名外国為替証拠金取引と呼ばれていますよね?
確かに、証拠金って何らかのお金の事だとは思いますが、証拠って何の証拠なのか?
そこで、FX トレードにおける証拠金の意味について説明します。

FXトレードにおける証拠金の意味とは?
この外国為替証拠金取引(FX会社によっては保証金取引と呼ばれています)とは、FXトレードを行う上での担保として、FX会社に一定の証拠金(保証金)を預けて、その何倍・何十倍もの取引を行う事を言います。外国為替取引を少ない証拠金(保証金)だけで取引する事が可能という訳なのです。
これがFX トレードでも出来るのです。
ただ、この例では証拠金が10万円しかありませんので、200万÷10万=20、つまりレバレッジは20倍という事になるのです。
もっとも、実際には2万ドルを買う以外にはこのようなやり取りは行われていません。
つまり、FX トレードでは日本円で10万円を持っていれば、そのお金を証拠金(保証金)として10倍や20倍もの取引が可能になっているのです。
ちなみに、現在では個人取引のレバレッジは法律で最大25倍に制限されていますので、最大25倍までのレバレッジを掛ける事が可能ですが、FX会社によっては最大レバレッジが異なっている場合があります。ですので、最大レバレッジについては、各 FX 会社へお問い合わせ下さい。

空売りとは?


FX トレードには空売りという手法があります
FX初心者がFXで稼ぐために避けては通れない事、それがFX トレードの専門用語になります。
FX 専門用語について、今回はFX トレードにおける空売りについて説明します。
この空売りですが、文字通り空(手元に何も無い)のものを売るという意味です。
通常、物を売るためには売るための物理的な商品(物)やサービスが必要になりますよね?
そうで無い=手元に商品やサービスが無ければ売るという行為が成立しません。
そして、この事をFX トレードに当てはめると、米ドル円(以下USDJPY )を100円で1万ドル買えば手元(厳密には取引しているFX 会社)にUSD JP Y1万ドルが残ります。
まあ、何も持っていない状態で売るのですから、この空売りという専門用語も納得出来ます。
この買いまたは売りの両方からFX トレードが出来るというのは、買い一辺倒と比べてとてもチャンスが広がりますよね?
為替レートの動きにより2倍以下または2倍以上にもなります)
ですので、あなたが今後FXトレードで稼ぐためには、買い一辺倒では無く、状況に応じてこの空売りも行った方がチャンスが広がります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =