FX 我慢することも大事です

我慢することも大事です

FXトレードはやみくもにしてはいけません。
FX、特にFXを始めて間もない初心者の人は、とにかくFXで稼ぎたいあまり試運転もほどほどにトレードを始めてしまう場合が多々あります。 まあ、それでも最初はビギナーズラックで勝てる事もあるかと思いますが、その後はほぼ間違い無く負け続ける事でしょう。その理由としては、FX 初心者の人はせっかくトレードをするのだから何が何でも稼ぎたいという思いが強く出る傾向があるからです。
為替チャートを眺めていて本来のチャンスでも無いところで新規注文をしてしまい、結果損失を出してしまうという事が多々あるのです。
FXトレードで稼ぐためには我慢も必要です FXトレードで思うように稼げない方というのは、あらかじめ自分で決めておいたトレードチャンスまで待つ事が出来ずに、変なポイントでトレードしてしまう事が大きな理由の1つになっています。 その理由としては、本来のトレードチャンスがなかなか来なくて焦ってしまい、別のポイントで焦ってトレードしたとしても、たまに稼げる事もありますが、そんな事ばかりしていてはFXトレードで継続的に稼ぐ事なんて不可能に近いからです。
FXトレードで利益を伸ばす事も重要ですが、それと同時、またはそれ以上にどれだけ損失を減らせるのかが重要になるのです。
極力余計なトレードを排除しながら勝てる時だけトレードして為替差益を抜き取る事になります。
そして、FX トレードで稼ぐためには積み重ねが重要になるのです。
私もFX トレードを始めた当初には、しばらく為替チャートを見ていてもトレードチャンスが来ない時って、焦って本来のトレードチャンスではないところで新規注文をしてしまい、結果的に損失を出してしまった経験が多くありました。
FX トレードでは、このように焦ってトレードばかりしていてはいつまで経っても稼ぐ事は出来ないのです。
現在もFXトレードで継続的に稼いでいる人々に共通している事は、チャンスを待って仕掛けてチャンス以外では静観する、この事がしっかりと出来ているのです。
他にも保有ポジションの管理や証拠金管理などのリスク管理がしっかりと出来ているのは言うまでもありません。為替チャートを眺めていると、ここは稼げるのでは無いかと思い、本来のエントリーではないところでエントリーしがちですが、本当のチャンスは必ずやってきますから、しっかりと自分のポイントまで待ってトレードして下さい。 為替市場は逃げていきません。

時間の流れをつかみましょう

FXトレードではその流れを見極める事が必要です.
為替相場は基本的に元旦や土日を除く24時間動き続けています。
そして、これだけ長時間動いている為替相場なので、当然ながら大きく動く時間帯もあれば、あまり動かない時間帯もあるのです。
重要な経済指標の発表時間はともかくそれ以外の事象については特に時間帯は決まっていません。
その参加開始時間は各国によって異なっています。
まあ、これは各国の時間がずれていますので当然になります。
そして、トレード時間帯に差があるという事は、各国のトレーダーが参加してくる時間帯にはボラティリティーが大きくなる=為替相場の動きが活発になります。
ロンドンやフランスなどの欧州勢が参加してくる15時30分近辺やニューヨーク勢が参加してくる21時近辺になると、為替相場のボラティリティーが大きくなるのです。
(夏時間と冬時間とでは1時間の差があります)
トレード時間帯に余裕のある方は欧州勢が参加してくる15時30分近辺やニューヨーク勢が参加してくる21時近辺を狙うというのも1つの方法になります。
動かない時間帯はズバリ日本時間10時~15時近辺までになります。とは言っても、全く動かないと言う訳では無く、為替相場全体で見ると比較的動きが少ない時間帯が日本の時間帯になっています。日本の時間帯は比較的ボラティリティーが少ないため、トレーダーの突発的な仕掛けによって一時的に大きな動きになる可能性もあり、少し油断していると損失を出してしまう事にもなりかねません。 ですので、FXトレードで稼ぐためには、為替相場が大きく動く可能性のある時間帯を狙う事やあまり動かない時間帯にはトレードしないなどのメリハリを付けてトレードする事も必要になってきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 15 =