FX マージンコールとロスカット

マージンコールとロスカットの重要性

FXには証拠金対策が必要です FXトレードでは、あらかじめFX会社へ証拠金を入金して、証拠金の額に応じて適切なレバレッジでトレードする事になります。ただ、負け続けると証拠金がゼロになる可能性がありますが、その前にFX会社からマージンコールやロスカットと呼ばれている連絡が来ますので、証拠金は必ずしもゼロにはなりません。

マージンコールとは?
FXトレードでは、自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX会社のトレードシステム内に証拠金がこのレベル(マージンコール)になったら警告を出す機能が組み込まれています。 そして、マージンコールレベルになった場合、顧客に警告が行く事になり、このマージンコールが来たら顧客はFX会社へ追加の証拠金を入れる必要が出てきます。 ですが、このマージンコール、後述するロスカットとは異なりコール自体に強制力はありませんので、マージンコールが来たから必ず証拠金を入金する必要はありません。ただ、マージンコールはロスカットへの入口になりますので、そのまま放置していれば今後必然的にロスカットに繋がりますので、出来る限り追加の証拠金を入れる必要があります。
マージンコールレベルとは、証拠金の残高レベルの事ですが、レベルは各 FX 会社によって異なっており、大抵は各社必要証拠金の50~70%前後に設定している場合が多くなっているようです。
ただ、これはあくまで大抵のFX 会社になりますので、より正確なマージンコールの基準は取引しているFX 会社でご確認下さい。

ロスカットとは?
先程のマージンコールと同様に、 会社では自社の顧客の証拠金がある一定以下に減らないように、FX 会社のトレードシステム内に自動的に損切り注文(ロスカット)を行う機能が組み込まれています。
ロスカットが行われてしまうと、証拠金がほとんど無くなってしまい、ポジションも無くなってしまう、FX トレードにおけるどん底状態になってしまいます。
ですが、後述するロスカットレベルによっては、多少なりとも証拠金が残りますので、残った証拠金で再出発出来る可能性もあります。
ただ、時には突如とした大暴落や大暴騰などによって、FX 会社のシステムでロスカットの処理が間に合わず証拠金以上の損失が出る可能性があります。
ですので、資金には余裕を持ったポジション管理を行った方が良いです。
このロスカットレベルも各 FX 会社によって異なっており、大抵は各社必要証拠金の20~30%前後に設定している場合が多くなっているようです。
例えば、必要証拠金が200,000円の場合には、証拠金残高が40,000~60,000円以下になったらロスカットされる事になります。あくまで大抵のFX会社になりますので、より正確なロスカットレベルの基準は取引しているFX会社でご確認下さい。

相場の天井や底をとらえるのは不可能です

相場の天井や底を捉える事が出来ればFXで稼ぐことは容易ですが・・・.
為替相場の天井を見事に捉えました! 天底を捉えるシステムがここにはあります! などという広告が届くのですが、あなたのところにも届いていませんか? 確かに、その広告を見てみると、HP上の参考画像ではそう見えるものが多いのですが、大抵の場合には肝心な参考画像が少な過ぎるのです。
為替相場は1年間、週末を除けばほとんど休まず動いているにも関わらず、参考画像が少ない・・・確かにHPスペースの都合上あまり画像を載せられないのかも知れませんが、中には2~3枚の画像しか載せていないサイトもあったのです。 もっとも、そのトレード手法でトレードを行った結果、偶然にも相場の天井や底を捉える事が出来たのかも知れませんが、果たして相場の天井や底を捉え続けられるシステムは存在するのでしょうか? 毎回為替相場の天井や底を捉え続けられるトレード手法があればとても魅力的ですよね?
ただ、為替相場の天井と底を捉え続けられるトレード手法は見た事がありません。
そのようなトレード手法があれば私どころかFX トレードをされている方のほとんどが今頃は億万長者になっているはずです。

毎回天井や底でエントリーや決済する事など不可能です!

ここは非常に重要な事なのですが、この事を書いていない=毎回天井や底を捉えているというような錯覚を与えている広告が多いのが現状です。
FX トレードの世界においては、頭と尻尾はくれてやれ!
という言葉があるように、毎回天井や底でエントリーや決済する事など不可能なので、あなたも頭と尻尾の事は気にせず淡々とトレードしてください。
FXトレードのたびに、あまり頭と尻尾を狙いすぎていると肝心の決済ポイントを逃してしまい、結果含み益→含み損という事態になりかねませんので、この事は必ず守ってくださいね。含み益→含み損これほど悔しい事はありません。
こうなってしまうと、知らず知らずのうちに含み益になるまで我慢してしまい、結果大きな損失を出すといったケースが何回もありましたので注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =