中性脂肪とコレステロールとの違いとは?

コレステロールが高い原因とは何?

血液の健康度を測るうえで欠かせない指標となるのがコレステロール値です。 血液検査を受けると必ずと言っていいほど検査項目に入っていて、基準値より高いと注意を促されます。 コレステロール値が高いと血液がドロドロになってつまりやすくなるだけではなく、体全体への大きな負担と悪影響を及ぼします。
血管の壁の中にドロドロ成分を発症させてしまいますので血管自体が硬くなってしまいます。
さらに、この部分が次第に膨らんできて血管を狭くしてしまい血流をふさいでしまいますし、その部分にカルシウムなどが付着してさらに大きくなって邪魔してしまうリスクもあります。
血管がふさがれてくると血液によって運ばれる栄養素や酸素も不足してしまいますし、血流の圧迫感に壁が耐え切れず破裂してしまったり、完全に血液をふさいでしまうケースも出てきます。
コレステロールが体内に滞ってしまうのには、体に脂質が多くなっている状態です。
食物繊維は便通改善というイメージがありますが、実はコレステロールを絡めてて体外に排出する役目も盛っています。
胆汁はコレステロールを分解して生成されますので、胆汁を多く作るほどコレステロールが消費されます。
胆汁が体外に排出されてしまうため、新たに作らなくてはならなくなります。
その時にコレステロールも消費されるので、体内に残りにくくなり値が下がってくるのです。
このような生活習慣以外にも原因として甲状腺の問題を持っている体質の方は、正しい食生活をしていても甲状腺ホルモンが減ってしまうため血中に残りやすくなり値が出てしまいがちです。

メタボを効率よく改善する方法

メタボと診断されたら、そのまま放置をするのではなく、少しでもその状態を改善していく事が重要になってきます。
その為に重要になってくるのが、内臓脂肪を減らすようにしていく事です。
メタボと診断されたら、ただ体重を減らせば良いと考える人は少なくありませんが、ダイエットによって体重が減っても体脂肪率には変化がないという事は少なくありません。
一気に歩こうとすると、疲れやすくストレスも溜まりやすくなります。
地域であれば、1駅先まで歩いてみる等、できる事から始める事がおすすめです。
実際に内臓脂肪を減らしたいと考えた場合に有効とされる歩数は1日1万歩です。
いきなり1万歩を目指すのは大変なので、最初は前日よりも多く歩くという事を目標に頑張っていく事がおすすめです。 そして、歩く以外にしておきたい事が日常生活の見直しです。内臓脂肪を燃焼させる為には有酸素運動が有効ですが、それ以上に食べすぎてしまっていれば、なかなか脂肪は減らない事になります。
ですから、暴飲暴食をしないようにする事が大切です。
更に、食事を抜く事は体にとって良くない為、毎日3食を食べる事が大切ですが、夜は脂肪を蓄積しやすいので、控えめにしておく事がおすすめです。 それ以外にも、間食を控える等、できる事をしていく事が大切です。メタボ改善の為に有酸素運動を始める、食事を見直す等の対策をすればすぐに効果が出るかといえば、そうではなく、効果を実感するまでには少し時間がかかります。その為、すぐに効果を期待するのではなく、続けていく事も重要になってきます。

中性脂肪とコレステロールの違いとは

コレステロールと中性脂肪は、どちらも人間の体内にある脂肪の一種であり、たまりすぎると身体に害を及ぼすおそれがあることは、既に多くの人に認識されており、これら2種類の脂肪を同列にとらえている人が少なくありません。
しかし、コレステロールと中性脂肪はまったく異なる性質を持つ物質です。
中性脂肪は、食べ物を通じて体内に取り込んだのにもかかわらず、エネルギーとして使用されなかった脂質や糖質、たんぱく質などが皮下や肝臓にある脂肪組織に蓄えられたもので、必要が生じた時に脂肪酸へと変化して日々の活動をするためのエネルギーとして使用されます。血液検査の結果で中性脂肪の量を示すトリグリセリド(TG)の数値が高いと、糖尿病や高血圧をはじめとする生活習慣病を引き起こすおそれがあるとみなされ、医師からは運動を積極的にするなどして数値を下げるよう指導されます。
しかし、TG の数値は低すぎるのも良いことではありません。
単に栄養不足や過剰な運動が原因であれば、もっと良く食べたり、運動のメニューを軽いものにすれば、血液中のTGの量が正常に戻りますが、いくら試みてもTGの量が戻らない場合は甲状腺や肝臓に何らかの疾患が生じているおそれがあるからです。
コレステロールは、生体膜の構成やステロイドホルモンの生成、胆汁酸の生成などに関与する物質で、大きく悪玉コレステロール( LDL )と善玉コレステロール( HDL )の2種類が存在します。
ホルモンや生体膜を生成する際の材料となりますが、量が多くなりすぎると血管壁に付着して血流を妨げるようになり、動脈硬化を引き起こす原因となります。
量が多すぎるとCETP 欠損症にかかっているおそれがあります。
名称に悪玉と善玉の語が用いられていますが、名称から受ける印象とは違い、コレステロールはどちらも重要な働きをしています。
前者は主に生命の維持活動に用いられており、後者は主に細胞膜を形成して流動性を維持するために用いられているということです。
また、量が過剰である場合や不足している場合に疑われる症状にも両者で違いがあります。
中性脂肪もコレステロールも、日々生きていく中では欠かせない物質であることにはちがいないので、栄養が含まれている食べ物は節度をもって摂取することを心がけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 11 =