コレステロールをさげるには・・・

コレステロールが高い食品

健康について考えるのであれば、しっかりと意識しておきたいのがコレステロール値です。
悪玉と善玉と呼ばれるものがあり、悪玉は体にとってとても悪いものというイメージを持つ人は少なくありませんが、どちらも体にとって必要なものです。 コレステロールというのは細胞を構成する為に欠かせない成分で、血液と一緒に体の様々な場所へ運ばれています。肝臓から血液に乗って細胞まで運んでいく役割をしているのが悪玉と呼ばれているLDLコレステロールで、この量が正常であれば問題はありませんが、増えすぎると、使われなかった分を血管に残し動脈硬化等の原因を作ってしまいます。 善玉と呼ばれるHDLは血管に残ってしまったものを回収していく役割をしており、悪玉と善玉のバランスが取れている事が重要になってきます。 ですから、健康の事を考えたら、コレステロールを完全に排除するのではなく、過剰摂取に注意をしていく事が重要になります。 その為には食品に含まれている量を知っておく事が大切です。
コレステロール値が高い食品といえば、鶏卵が有名です。 なかでも黄身の部分に多く含まれ、マヨネーズ等は、黄身だけで作るよりも、数値が下がる事になります。
鶏卵はそのまま食べる、マヨネーズに加工する以外にも、使われ方をしているものです。
特に洋菓子類には多く使われており、プリンやカスタードクリーム、スポンジケーキには多くの鶏卵が使われています。
鶏卵そのものだけでなく、加工品にも注意をしておく事が大切です。
それ以外にも様々なものにとても多くの量が含まれています。
それ以外にもフォアグラやあん肝、レバー類等の肝にも含まれています。
悪玉を減らしていきたいと考えた場合にしておきたいのが有酸素運動運動です。
中性脂肪を減らすようにしていけば、悪玉を減らしやすい状態を作れます。

食事をみなおそう!

つい好きなものばかりを購入して食べたくなるそのような食生活を送っていると、リスクが高まってしまいます。
悪化すると脳梗塞や心筋梗塞などの重い病を引き起こします。 血管の壁を傷つけたり血栓を作り出すことで、循環器系の病気を発症しやすくします。 身近なものとして高血圧があり、悪化すると脳梗塞や心筋梗塞などの重い病を引き起こします。
LDLコレステロールを増やさないようにするには、日常の食生活が重要になります。
健康診断の結果が良好になり、病気にかかるリスクを下げることにも繋がりますから、今から見直すことをおすすめします。
食事として取りたいのは、不飽和脂肪酸を含む食材です。オメガ3脂肪酸が該当しますが、その中でも有名なのがDHA とEPA です。
DHA とEPA が豊富に含まれている食材として、青魚があります。
現代人は青魚を食べる習慣が減ってきています。
エゴマ油や亜麻仁油などの植物油から摂取可能です。
他に覚えておきたいのが、HDLコレステロールの存在です。
HDLコレステロールを増やす食事には、チョコレートやアーモンド、食物繊維の豊富な食材、トマトなどが存在します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =