ホルモンバランスを整えよう!Ⅰ

自分で整える方法とは?


ホルモンバランスはストレスや疲労の蓄積などによって乱れてしまうものですが、特に女性の場合は女性ホルモンが生理周期や妊娠の制御する働きがあるので、女性ホルモンが減少すると生理不順や生理痛、自律神経失調症や不妊などを引き起こす可能性がありますし、加齢による女性ホルモンの減少は更年期障害の症状が出る原因になると言われています。 また、ホルモンバランスの乱れによる様々な体の不調は女性だけではなく、男性の場合も主に性機能関連の症状が出るなど男性の更年期障害を引き起こす事もありますし、どのようにしてホルモンバランスを整える方法が知りたい方も多いはずです。
ホルモンバランスを自分で整えるためにはまず、ホルモンバランスが乱れる大きな原因とされる不規則な生活習慣を正す事が大切ですから、睡眠不足が続かないようにするなど睡眠時間の確保に注意するのはもちろんですが、眠りを誘うホルモンであるメラトニンが活発になるのが午後10時から午前2時までの間と言われているので、この時間帯に眠りにつくように心がけたいところです。
睡眠については時間だけではなくその質も非常に重要である
最近はテアニンなどホルモンバランスを整える作用を持つ成分を含むサプリメントを増えているので、サプリメントを利用されている方も多いでしょうが、過剰摂取は副作用を誘発しかねないので注意が必要です。
生活習慣の改善や食事以外でもホルモンバランスを自分で整える方法としてツボ押しも効果的だと言われているので、万能のツボと言われる親指・人差し指の付け根に位置する合谷などのツボを刺激するのも良いでしょうし、ホルモンバランスはストレスに対して非常に敏感なので、アロマテラピーや好きな音楽を聴くなどリラックスタイムを作る事も大切ですし、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を定期的に行う事もホルモンバランスを整えるのに良いと言われています。

乱れてきたらサプリが有効です


ホルモンバランスが乱れると、体に様々な症状が現れます。
特に女性は男性よりも乱れやすく、月経不順や肌荒れ、イライラなどは、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。 乱れたホルモンバランスを元に戻すためには、原因を究明することが大切です。
ホルモンバランスが乱れる原因の一つは、生活習慣です。
不規則な生活習慣や偏った食生活は、体に変調をきたす原因になります。また、女性に多い原因としては、ダイエットです。
過度な食事制限や激しい運動など、ハードなダイエットを実行すると、体に負担をかけてしまいます。さらに精神的なストレスも、ホルモンバランスを乱す原因です。
近年は女性の社会進出もめざましく、男性社会で働く女性も少なくありません。
しかし、女性の社会進出とともに過度なストレスに晒される女性も増え、その結果ホルモンバランスが乱れる女性も増えています。 ホルモンバランスを正常な状態で安定させるためには、まずは生活習慣を見直すことが大切です。 しっかりと睡眠をとり、栄養バランスの良い食生活に変えていきましょう。
心身ともにリラックスできる生活習慣に変えることにより、女性のホルモンバランスは安定します。 しかし、女性の体は繊細ですから、それだけでは安定させることはできません。 そこで活用したいのが、サプリです。 不足した女性ホルモンを補ったり、バランスを整えてくれるサプリを服用することで、生活習慣の改善だけでは足りない部分をサポートしてくれます。 適切なサポートをしてくれるサプリには、様々な種類があります。 たとえば、大豆イソフラボンが含まれているサプリです。
大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンに似ています。そのため、大豆イソフラボンが含まれているサプリを飲めば、女性ホルモンの不足分を補うことができるとされています。
ハーブの一種であるレッドクローバーも同様にイソフラボンを含んでおり、同じような効果を期待できるでしょう。
生活習慣やストレスが原因で乱れたホルモンバランスは、規則正しい生活に変えることが大切です。 しかし、それだけでは完璧とは言えないので、サプリも活用して体の不調を解消しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 12 =