自律神経の改善方法とは?Ⅱ

汗かきになった原因は自律神経の乱れ?

汗かきと密接に関係があると分かってきたのが、自律神経です。
自律神経は心拍や呼吸、消化のように人間が自分の意思で動かすことができない部分の神経を管理している神経です。 自律神経は起きている時や興奮している状態の時に働く交感神経と、眠っていたりリラックスしている時に働く副交感神経から成り立ち、お互いにどちらかが働いている時にはどちらかが休息しているという形で反比例してます。 通常はこの二つの神経がお互いにバランスをとることで自律神経が整い健康に過ごすことができますが、バランスが崩れしまうと身体の様々な所に支障がでてきますし、環境や生活リズムの乱れなどに加えて現代社会はストレスが多くこの自律神経がうまく切り替わらない状態に陥っている人も少なくありません。 そういった乱れは自律神経失調症と診断を受けることもあります。
汗をかくというのは緊張や不安、ストレスといった刺激を受けて交感神経が働くことによって起こっています。
なので通常であれば副交感神経が働きリラックスモードに突入することが出来れば汗も治まるのですが、いったんバランスが乱れてしまうと交感神経ばかりが活発になってしまいます。
暑いわけではないのに汗が尋常ではないくらいでてきたり、緊張すると汗が大量で出てしまったりすると自分でコントロールすることはできません。
自律神経の乱れによる汗かきを改善するには、まず生活習慣を見直してストレスを解消することが重要になります。
医療機関に相談すると、ビタミンやホルモン剤、漢方や精神安定剤や直接神経に働きかてて安定促す薬などが処方されたりします。
またあまりにひどい症状である場合には手術を行うことも、症状改善の一つの方法です。
特に自律神経は他の身体の部位にも大きく関わっています。
なので自分の中で決めつけずに医療機関を受診して、適切な治療を行うこともとても大切なことです。

改善する3つの対策とは?

内臓を動かす、血流を良くするなどの行為は無意識で行われており、意識させて行うということはとても難しいのが現状です。このため自律神経を使って内臓を動かすなどのことをしていきます。
自律神経は交感神経、副交感神経がうまくバランスを取りながら活動しており、健康を保つようにします。
動悸に襲われる、耳鳴りがする、眠れないといったことになり、いくら薬を飲んでも効果が出ないということもあります。
こうした場合は自律神経の乱れが起きており、それを改善することが大事です。

自律神経の改善に関して3つの対策が存在します。

まずは食事です。
バランスのいい食事を心がけることが大切であり、ビタミンを豊富にとる食事を目指すことが重要です。 自律神経の乱れに悩んでいる人の多くは朝食を食べておらず、三食をそもそも食べてないという人が意外と多いため、三食をきちんと食べることも大事になっていきます。運動をすることで交感神経を活発にさせます。

次に運動です。
運動をすることで交感神経を活発にさせます。 運動をすると体温が上がり、血流もよくなります。 夜に向けてだんだんと体温が下がり、副交感神経が優位に働くようになり、それで眠りにつきやすくなります。 逆に夜に交感神経を活発にさせると眠くなくなってしまう、もしくは負担をかける形で寝ることになるため、注意が必要です。

最後にマッサージです。 筋肉が緊張している状態はリラックスとは無縁であり、交感神経が常に働いている状態となっています。 その時点でバランスが崩れており、体の歪みにつながり、体全体が酸素不足になるような状態に追い込まれます。 特に首のあたりに自律神経が集まっているため、首の周りをマッサージするなどしてほぐし、自律神経を整えさせていくことができるようになります。 お風呂に入るときも首までつかり、血行を良くしていくことで体全体の緊張をほぐしていくことも得策です。

自律神経の乱れを改善するには、食生活の乱れの改善だけではなく、日ごろの生活習慣の見直しも必要になっていきます。 睡眠時間もできる限り一定の時間にし、お酒などに頼らない形で睡眠をとり、食事もきっちりと食べ、毎日運動をするということを続けていけば、おのずと自律神経の乱れは改善されていき、めまいや動悸、耳鳴りといった体全体の不調も解消され、毎日を元気に暮らしていくことができるようになります。 ”

食べ物での改善(整える)とは

自律神経が乱れることでホルモンバランスの崩れや血行不良を引き起こし、それによって健康を大きく害してしまう恐れがあります。 そのため自律神経を整えるための生活を心がけることが大切であり、食事の方法に気を配るのがひとつのポイントです。 まず食事の方法で大切なのが朝食をしっかりと食べるようにすることです。 3食の中でも特に大切な時間であり、朝食を摂ることでリラックス作用を生み出す副交感神経を優位にすることができます。 アクセルの作用を持つ交感神経が活発な状態が続くと精神にも負担になりますので、朝食の時間を確保して精神的にも余裕のある時間を持つことが大切なのです。
食事内容も自律神経に大きく関係していますが、率先して摂取した方が良いと言えるのが食物繊維です。
食物繊維が良い理由は腸の働きを良くする作用が優れているからです。
つまり長く副交感神経を活発にすることができる栄養素であり、自律神経を整えるためにも欠かせないと言えるでしょう。
なお、食物繊維には水溶性と非水溶性があり、どちらでも良いというわけでもありません。
自律神経対策として適しているのは水溶性食物繊維である
水溶性食物繊維を含む食べ物としては果物をはじめ、キャベツ、わかめ、オクラ、めかぶ、こんにゃくなどが挙げられます。
発酵食品も自律神経を整える作用に期待ができます。
代表的な発酵食品としては、味噌やヨーグルト、キムチ、漬物、乳酸菌などが挙げられます。血液の循環を良くするためにも適していますし、腸の働きにも関係しているのです。
自律神経を整えるには朝食をきちんと食べるようにしつつ、こうした食材を意識的に取り入れるようにすることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − 3 =