バストアップの正しい知識を身につけようⅡ

ストレスをためてはいけません

バストアップのためにはストレスをためないようにするということも重要です。
これはダイエットなどあらゆる健康・美容に共通することですが、やはりバストアップでもそれは同じなのです。
ストレスを感じると女性ホルモンが減少してしまいます。
仕事ばかりで忙しい生活をしていると女性でもヒゲが濃くなると言われていますがそれには理由があるのです。
なので、まずはストレスをためないということが大事です。
ただ、こう書くと真面目な人は今度はストレスをためないということのために努力してしまい、それでかえってストレスを溜めるということになってしまいます。しかし、ストレスというのはある程度は必ず貯まるものですし、むしろある程度はあった方が健康を維持できるのです。
そのような危機感によって、人間の体はサーチュイン遺伝子という物質を出し、活性化することができるからです。
なので、ストレスをゼロにする必要はどこにもないのです。
大事なことはあくまで適度に抑えるということであり、要は多少ストレスがたまっていたとしても、まいいかと流すような気持ちが大事ということです。
哲学のような宗教のような話になってしまいますが、バストアップなどもつまるところは心と体の健康ですから、このような考え方も重要なのです。

プロラクチンが重要になります

女性のバストアップにつながる成分の代表として、プロラクチンというものがあります。
これを分泌させる方法はとてもシンプルで、乳頭を吸ってもらうということです。
つまり、乳首を吸ってもらうというのが一番効果的なのです。
赤ちゃんがミルクを求めて吸うようになったら、当然バストを発達させる必要があるので、それによって大きくなるということです。
妊娠したらバストが大きくなる女性がほとんどですが、それはこのような理由によるものです。
そして、これは別に赤ちゃんに吸ってもらわなくてもいいのです。
もちろん赤ちゃんだと一番効果的ですが、男性でもいいのです。
男性に胸を吸ってもらう機会の多い女性というのは、バストも発達していることが多いものです。
そのような機会があるような女性はもともとバストアップに成功しているから、と思われるかも知れませんが、ニワトリが先か卵が先かのような論理で吸われているからこそバストアップができ、さらにそういう機会が増えるということもあるのです。 基本的にこの話に限らず 人間の生活というのは好循環や悪循環をするものです。
一ついいい方向にいったらすべてがいい方向にいくものなので、まずはそのような流れをどこからか自分で生み出したいものです。 それがバストアップでも重要です。

もちろん栄養バランスも大切です

栄養バランスのしっかり取れた食事をするというのは、バストアップでも非常に有用なことです。
というよりこれなくしてバストアップはないということができるでしょう。
たまに栄養バランスが無茶苦茶でもバストの大きい女性というのはいます。
しかし、女性は太っているか、あるいは若い頃から男性と夜をともにする時間が長かったため、それによって女性ホルモンが分泌されていたということです。
女性は女性ホルモンが分泌されることが多かったから大きいというだけであり、栄養バランスが悪かったこと自体は決してプラスではないはずなのです。
またバランスが悪かったにしても、タンパク質やカロリーなどある程度の栄養は親からもらっていたはずです。
少なくとも栄養失調で胸が大きくなるということは絶対にあり得ません。
バストを大きくするにはとにかく脂肪とタンパク質が重要と考えている女性も多いようです
また、いわゆる6大栄養素だけではなく、それらに含まれないそれぞれの食材独自の効能であるファイトケミカルもしっかりとる必要があります。
さまざまな種類のファイトケミカルを集めるためには、食べる品目を増やすことが重要なので、結局好き嫌いせずに何でも食べるというのがベストということになります。
きわめて基本中の基本というべきことですが、バストアップでもそのような基本が重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + twenty =