第二新卒の就職活動におけるメリットとデメリット

就職活動をするときは

第二新卒として就職活動をしている人も少なくありませんが、第二新卒者として転職する時はどうするといいでしょう。
第二新卒をどのように募集するかは、違いがあります。
新卒で入社してから3年未満の求職者のことを第二新卒であると言われています。
いざ働いてみたら、イメージしていた仕事と大きな落差を感じたなどの事情から、早い段階で見切りをつけてしまう人もいます。
新卒の採用を計画していたにも関わらず、充足できなかった積極的に第二新卒を採用している企業も多いようです。
第二新卒は、一旦社会に出て働いた経験がある人たちなので、社会人としての基礎的な知識は一通り身についているという強みがあります。
しかし、第二新卒ということは一度会社を辞めているので、再び早期に退職してしまうのではないかと判断されかねません。
第二新卒が採用面接を受ける時には、ほぼ確実に前の職場の退職理由を聞かれますので、話せるようにしておきましょう。
特に以前の職場を退職した理由については、面接時に誠実にかつポジティブに説明する必要があります。
第二新卒として転職活動をする際には、転職した後のビジョンを明確にアピールすることが重要になります。

就職活動の対策について

新たな職場の担い手を確保するために、新卒採用の他に第二新卒も採用したいという企業は多く、待遇も新卒者と変わらない会社もあります。
新卒者として働いて、現実とのギャップを強く感じた人などが、転職活動に踏み切ることがあります。
自身のキャリアアップを目指して、第二新卒での転職活動をするかたわら、資格の勉強をする方もいます。
転職活動はスムーズにいく可能性がありますが、今は求人もたくさんありますので、じっくり決めるといいでしょう。
現実と希望とのギャップが大きくなってしまって、退職せざるを得なくなったりします。
条件のハードルは下げてもいいと思っていると、また不満を感じることになりかねません。
新卒者同様に第二新卒も迎えたいと考えている企業も多い
ハローワークや求人サイトでも専用のカテゴリが設定されていることもあります。
第二新卒対象の就職説明会やセミナーに足を運んでみるのもいいでしょう。
第二新卒であることを気にしすぎずに、まずは転職活動をスタートさせてみると新たな発見もあるでしょう。

メリットとデメリット

第二新卒とは、新卒で就職をして働き始めてから、3年以下の人を意味する言葉です。
第二新卒として転職活動を行う場合に、武器となり、弱点にもなることは、何でしょうか。
利点としては、キャリアプランの見直しの余地があります。
一旦就職をした会社でも、期待していた環境と異なっていただ
新卒者の就職活動とは異なる観点で仕事探しやキャリアプランの構築が可能になり、職探しができます。
第二新卒では、中途採用の求人に対しては経験が不足しています。
経験が少ないが故に評価を得にくく、選考に残れない事が多々あります。
転職プランの立て方次第では、一社目の企業でキャリアをつくってからの転職のほうがいいでしょう。
転職活動では、短期間で仕事をやめてしまっていることが低く評価される可能性がありますので、退職理由はきちんと答えられるようにしましょう。
一つの会社で長く勤め続けることができない人に対しては、転職が受け入れられつつある昨今でも、採用時に不利になることがあります。
第二新卒にとって有利な展開になるかは、自分自身の武器や、弱点を考慮に入れて、考えてることが大事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =