木. 5月 23rd, 2019

omotenasi

色々な分野にわたり説明や見解を書いています。おもてなしの心を忘れずに丁寧なブログを目指しています。

アルバイトでもキャッシング審査に通る可能性

1 min read

アルバイトでもキャッシングできる!?

日々の仕事をアルバイトでまかなっている人でも、できるだけ早くお金を用立てなければならないこともあります。
不測の事態か生じるなどして、まとまった現金がすぐにでも必要という時には、キャッシングが役立ちます。
言い換えれば、キャッシングとは金融会社から借りる借金のことですが、会社側も返せるあてがない人には融資をしません。
金融会社が、正社員には積極的に融資を行い、アルバイトやパートへの融資をしたがらないのは、収入の安定ぶりによります。
近年では、アルバイトやパートでも、収入が一定しており返済能力があると見なされれば、融資OKなこともあります。
キャッシングはもともと保証人や不動産などの担保がなくても融資を行う金融サービスで、アルバイトの人でも利用可能な傾向があります。
このアルバイトでも一定の収入をコンスタントに確保しており、事例もありません。
総量規制という法律があるために、キャッシングは年収の3分の1までが一度に借りられる融資金の合計になっています。
つまり、金融会社からの融資をアルバイトが受けるは、収入が安定しているかどうかと、総量規制に違反していないことが前提です。
住宅ローンのように一度に貸しつける金額が大きくなると、正社員であることを条件に含みたくなります。
小口の融資を希望しているなら、アルバイトでも融資が受けられることはありますので、検討するのもいいでしょう。

キャッシングが可能になるケースは!?

キャッシングには必ず審査がありますので、金融会社に融資の申し込みをしても審査の結果、断られてしまうこともあります。
収入が低いアルバイトの人でも、キャッシングをすることは可能なのでしょうか。
どうすれば、アルバイトの人でもキャッシングの融資が受けられるでしょう。
申し込み時の希望限度額が低い方が良いでしょう。
限度額は最小限にしておき、総量規制の限度内になるように、アルバイトの給料の3分の1を超えないことが大切です。
勤続期間が長い程、すぐに収入が途絶えてしまう可能性が低いと判断されるので、キャッシングの審査には有利になります。
転々と違うアルバイトに移っている人や、働き出して数ヶ月しか経っていないような場合には、キャッシングの審査は不利になります。
今まで、別のローンやキャッシングを利用して、返済不能や、長期間の滞納をしたことがあると、審査ではかなり不利です。
その間はマイナス評価になってしまいます。
定期的にバイト料が貰える状態であれば、キャッシングを利用することができるでしょう。

審査に通る可能性は!?

アルバイトは収入が少なく不安定なのでキャッシングの審査に通らないと思っている人が多いようです。
キャッシングの審査で見ているものは、キャッシングの利用履歴や、現在のキャッシングの利用状況、収入の安定性などが主です。
信用情報会社には、今までローンを利用した時に、貸し倒れや、延滞などを起こしていないかが記録されており、審査ではこの情報をチェックします。
たとえアルバイト勤務の人で収入が少ない場合でも、これらに問題がなければ審査に通ることができます。
とはいえ、もしも信用情報会社にそういった情報が残っていたら、収入の程度に関係なく、キャッシングの審査では不利です。
ローンでは、収入が低いと申し込み時の審査に通らないとされていますが、一概には言えません。
収入があまり高くないことから、アルバイトがキャッシングの利用は難しいというイメージがあります。
結果を得たいならば、別のキャッシング会社からの借り入れは完済しておきましょう。
アルバイトの場合はたくさんの借り入れをしている人は少ないでしょうから、その点については問題無いでしょう。
アルバイトでも融資の見込みは十分にあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です