大企業と中小企業の新卒の採用数の違いと、採用で重要視されるのはいったいどこ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新卒の採用数の違いについて

新卒を対象とした就職活動は、求人のほうが絶対的に多いといいますが、それは事実なのでしょうか。
新卒者の人数に対して、企業のほうが圧倒的に多くなっているとされています。
求人倍率は高くはなっていますが、会社は分散しないため、大手の企業に入りたがる学生が多いことから、学生達は競争にさらされています。
自然と倍率は高くなりますので、学生の感じる苦労が軽くなったわけではないようです。
人気企業については、生き残りは困難になっています。
そういう意味では内定獲得はとても難しくなるわけです。
そして、中小企業への採用を希望しない学生が多いという現状は、中小企業の人手不足に拍車をかけることになります。
中小企業は新卒の学生を採用することができず、大企業は応募者が殺到するといういびつな構図ができあがります。
自分にとって納得のいく会社環境で働くためには、新卒の学生にとって予断を許さないシチュエーションです。
新卒者の就職活動は、採用を得るために早めの準備対策を行うことが重要になります。

学歴フィルターとは何でしょうか?

学歴フィルターは、近年、就職活動を行う学生達が気にするようになった、新卒採用に関する用語です。
学歴フィルターのある企業に応募すると、時間を無駄に使うだけで終わってしまうという考え方です。
就職採用試験を行っているという企業は、ふえていると言われています。
もちろん、うちの会社は選考時に学歴フィルターを使っています、と言う企業は存在しません。
でも、もし学歴フィルターがあるなら知りたいと考えている学生は少なくないようです。
学歴フィルターの話を明言するような企業がないことは、皆が知っています。
この企業は学歴フィルターを設定しているのか、そういったことを学生が把握したい場合は、一体どうするといいのでしょう。
新卒採用者のナビサイトや、企業のホームページを閲覧し、どのランクの学生が採用されているかで、学歴フィルターが分かることがあります。
出身大学の名前に明らかな傾向があれば、その会社は学歴フィルターを利用して採用者を選抜しているという予測が成り立つというものです。
採用実績などの情報を活用して、見込みの乏しい企業を見極めようとしています。

やはり重要視されるのは人間性!!

その学生の人間性を見て、採用する人を選びたいと考える会社が、新卒採用では多いようです。
何故なら、新卒の場合はまっさらな状態なのでスキルは無いというのが前提になっています。
育成に関するノウハウは構築されていいます。
新人社員の育成過程で、人材に育てていくことを目的としているので、企業としてはむしろスキルを重要視はしていないのです。
スキルを必要としてるのは新卒採用ではなく、社会人としての経験がある転職者を採用する場合です。
近年では学歴だけを重視して採用を決めるという方法は一般的ではなくなってきています。
このように、新卒採用の際にはスキルや学歴は、以前ほど重要視されていないのです。
実は非常に基本的なことかも知れませんが、人間性なのです。
入社をしてもらうという事は、つまりは一緒に働く仲間を探すという事になります。
中途採用ならば純粋にスキルを見ていくでしょう。
新卒の場合はいかに一緒に働きたいかと感じてもらえるのかがポイントになります。 相手の言葉に耳を傾ける素直さや、協調性の高いことなどが、新卒者の就職活動ではアピールポイントになります。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =